HOME > 日経225先物 取扱会社一覧 > 日経先物のデメリット

日経先物のデメリット

日経先物で取引する際、デメリットといえる点をいくつか挙げてみましょう。まず、対象となる日経平均株価の変動などにより常に価格が値動きする上、元本となる証拠金の数十倍程度のレバレッジで取引を行うため、場合によっては証拠金を大きく割り込むというリスクがある点でしょう。万が一損失が証拠金を割り込んでしまうと、初めに差し入れした証拠金では取引をつづけられなくなってしまいます。そうすると、さらに追加の証拠金を現金で差し入れしなければならなくなります。

この証拠金の追加も、証券会社が定めた時限までに差し入れしなければなりません。もし期限に間に合わなかったときは、損失を抱えた状態で建玉を強制的に決済されてしまうこともあるようです。日経先物では、取引が加熱したり、またそのおそれがある場合には、証拠金を引き上げたり代用有価証券を制限されたりする規制措置がとられることがあります。この場合も追加証拠金の差し入れや、代用有価証券を現金に差し替えなければならないなどのリスクが生じます。例えば市場の値段が制限値幅に達したというように、相場が大きく変動したときには、転売や買い戻しによる決済ができないということもあります。

このように日経先物での取引は、大きな利益を望める反面、相場に応じた適切な対応ができなければ大きな損失を被るというリスクと常に背中合わせということを肝に銘じておかなければなりません。投資限度額や損失限度額など、自分に合った投資方針を予め設定しておき、余裕を持った取引を心掛けましょう。

クリック証券

クリック証券の取引手数料は、業界内で1位2位を争う低水準となっており、日経225先物の場合には350円で、日経225miniの場合には35円と破格の安さとなっております。ネット証券としての歴史として言えば、GMO証券から社名変更された会社となっており、最近はテレビCMにも積極的に進出しています。日経225先物の分野ではやや後発となりますが、手数料の安さからも順調にシェアを拡大している1社です。

日経225手数料

日経225mini手数料

350

48

資料請求・口座開設はこちらから
アイディオー証券

アイディーオー証券ではキャンペーンについても積極的に行なわれています。2010年の8月31日分までの取引については、日経225先物、日経225miniについて、手数料が無料となるキャンペーンを行なっています。他にも適宜キャンペーンを行なっているので、興味がある人は必ず公式サイトで確認を行なう様にして下さい。通常の手数料についても日経225miniについては、片道42円となっているので、業界でも最低水準の手数料価格となっています。

日経225手数料

日経225mini手数料

420

42

資料請求・口座開設はこちらから
むさし証券

むさし証券は知名度としては、他の大手オンライン証券に正直見劣りしますが、手数料は日経225先物が525円で、日経miniは52.5円となっていて他のオンライン証券とサービス面で比較しても見劣りしません。Webセミナーに関しても定期的に行っているのと、行われ際の充実度合いでは他社よりも優れた内容と評判となっています。しっかりと勉強する環境に関しては他社よりも良い面があると言えます。

日経225手数料

日経225mini手数料

525

52.5

資料請求・口座開設はこちらから
SBI証券

SBI証券はネット証券の中で、最大の口座開設数を誇っております。取り扱っている商品も豊富に揃っており、日経225先物も勿論あります。SBI証券の特長としては、全対象商品共通しているのが、手数料が安いという点になります。日経先物についても、片道525円、miniなら52.5円という安さになっています。日経225先物だけでなく、金融商品に興味がある人にとっては抑えておきたい1社になります。

日経225手数料

日経225mini手数料

525

52.5

資料請求・口座開設はこちらから
カブドットコム証券

カブドットコム証券の日経225先物の手数料は少し他社と比較した場合には割高になります。総合ネット証券となる為、複数の金融商品の取扱いも行っており、中でも投資信託の取り扱い本数は300本を超えていたり、月々の積立投信を行う事も出来て、ネット証券会社としては非常に便利な会社になります。取引のシステム面においては一定の評価を得ているので、手数料よりも取引環境を重視するユーザーから支持されている証券会社です。

日経225手数料

日経225mini手数料

987

210

資料請求・口座開設はこちらから
マネックス証券

マネックス証券は、片道手数料としては業界内でも最低水準となりますが、日計り(デイトレード時の決済の取引)にかかる手数料は無料となっており、結果として、デイトレード時の事を想定した場合には、抜群に安い手数料となっております。総合ネット証券として、他に取り扱っていない商品はCFDぐらいとなっており、口座開設をしておくことで、ある程度の金融商品への投資が可能となっており、非常に便利な証券会社となっています。

日経225手数料

日経225mini手数料

525

105

資料請求・口座開設はこちらから
日経225先物取扱会社で有名企業はこちら
SBI証券 日経225先物
クリック証券
ライブスター証券
むさし証券
ページトップへ
日経先物関連リンク
アイディーオー証券 日経225先物
口座開設ランキング
このページをブックマーク