HOME > CFD取引コンテンツ目次 > CFD取引の歴史

CFD取引の歴史

こちらでは、CFD取引の歴史を扱っております。
CFD取引の発生や、日本での取り扱い開始を知りたい方はご参照下さい。

CFD取引の歴史

元々、CFDと同様のものとしては、1800年末頃から1900年初頭にかけて自然発生的に登場した「バケットショップ(Bucket shop)」と呼ばれるものがありました。

場外取引店(Consolidator)の一種で取引所の会員権をもたない仲買人が小口投資家を相手におこなう不正規取引のもので、1929年の株式暴落の際に詐欺行為として全面禁止されました。

その後、1990年代前半に、ロンドンで現代のCFD取引が始まり、アメリカでは1997年の法改正によりCFD取引が開始されました。

日本では2005年11月より、ひまわり証券が初めてCFD取引の提供を開始し、その後に2008年頃より取り扱う証券会社等が増加している状態となります。

2008年の12月には、2009年度中に日経225先物ではなく日経平均株価そのものをCFDとして、上場させる事を東京金融取引所が発表しました。

CFD取扱会社で有名企業はこちら
FXブロードネット
ひまわり証券 CFD
SBI証券 CFD
SAXO BANK
ページトップへ
CFD取引関連リンク
内藤証券
口座開設ランキング
このページをブックマーク