HOME > CFD取引コンテンツ目次 > CFD取引の特徴

CFD取引の特徴

CFD取引の特徴はFX取引の特徴と似ている部分が多くあります。
以下、CFD取引の特徴と要点になります。

取引の時間帯

株式市場の場合には、就労時間と取引時間が重なってしまう為、積極的な取引をしたい人には不向きとなってしまいますが、CFD取引の場合には、ニューヨーク市場の取引時間でも取引が可能な為、日本時間では深夜でも取引が可能となっており、日中での取引が難しい場合でも、リアルタイムでの取引が可能となっております。

最初の取引でも売りから始められる

株式取引の場合には、別途信用取引の口座を開設しないと売りから始める事が出来ませんが、CFD取引の場合には、最初の取引から「売り」で入る事が可能となっていて、指数の上昇局面や下降局面でも、それぞれが自分の取引スタイルに合わせて、利益を狙っていく事ができます。

同一銘柄で何度でもデイトレードが可能

株式取引の場合には、同一銘柄でのデイトレードは規制されている為、行う事が出来ませんが、CFD取引の場合には
現物取引とはならない為、一日の間に同一銘柄での短期売買のデイトレードが可能となっております。

レバレッジを活用できる為、少額で取引を始める事が可能

商品先物やFXと同様に、CFD取引でもレバレッジを活用する事が可能となっております。レバレッジの幅に関しては、CFD取扱会社によって、違いはあります。レバレッジを活用して、大きな利益を追求をする事が出来ますが、反面として大きなリスクにもなりますので、ご注意下さい。

金利調整額

国外の価格や指数を用いた取引の場合で、自国との金利差が生じる際には、その調整として金利調整額が支払われます。
例:ポジションとして「買い」で自国の金利より指数当該国の金利の方が高い場合は金利調整額が支払われます。

配当調整額

特定企業の株価等を指数とする取引の場合には、配当金に相当する調整額のやり取りがなされます。ポジションが「買い」の時は受け取り、ポジションが「売り」の時は支払いとなります。

為替リスクの回避が可能

海外株式を購入する際には、現物取引の場合には購入した株以外に、その株を売買するのに必要な通貨の為替の変動も考慮に入れないといけませんが、CFDの場合には株式自体の価格変動だけを考慮しておけば大丈夫です。

CFD取扱会社で有名企業はこちら
FXブロードネット
ひまわり証券 CFD
SBI証券 CFD
SAXO BANK
ページトップへ
CFD取引関連リンク
内藤証券
口座開設ランキング
このページをブックマーク